2009年8月26日 (水)

あの子の考えることは変

51imqia817l_sl160_

今年度の芥川賞ノミネート作品、本谷有希子の「あの子の考えることは変」は絶対のおススメです。

私としては、今年度の超話題作、あの分厚い上下刊本なんかより、よっぽど面白かった。

こんなにも、スピード感があり、ダメでグロで狭い世界を描いているにも拘らず、この小説では人間をきちんと描き込んでいて、奥が深い。
「変」ってどこから見て、どこと比べて変なの?そもそも、変であってはいけないの???

`変さん’たちは真面目に自分と向き合いながら、日々生きている。でもって、陰湿ないや〜〜〜な奴は出てこない。

創作に対する真摯さを感じさせられる、オ・ス・ス・メ の本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)