« 足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜(1/19) | トップページ | メカニズム作戦(1/23) »

2017年1月21日 (土)

ロミオとジュリエット(1/20)

Romijuritop_banner2__large

年末からこのところロミジュリばかりを観劇しているように思う。

それにしても、これほどまでにまったく違ったロミジュリが観られるのは日本だから、という醍醐味であろう。

早稲田の学生達なのか、大隈記念講堂は外の寒気とは裏腹に開演前から、近頃は珍しい熱気に包まれていた。

古典の解体もここまで大胆なものになると、一体どうゆう経緯を辿ったらここまでバラバラに、そして勇敢にして奇抜なものになるのか??かえって「原作と違う」なんてものは大きく飛び越えて、興味が湧いてくる。

今回はノイズ系実験音楽のバンド「空間現代」が生で演奏を担当、彼らの大音量の音が急な八百屋舞台(前下がりに傾斜のある舞台)でもがき、茶々を入れる役者たちのきっかけとなるため音楽が作品のかなり重要な部分を占めている。

今の時代、十代の男女の純愛なんて嘘っぱちでしょ?彼らはもっとタフだよ、と今回のアバンギャルドなロミジュリが現実を突きつけてくれた。

|

« 足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜(1/19) | トップページ | メカニズム作戦(1/23) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/69322110

この記事へのトラックバック一覧です: ロミオとジュリエット(1/20):

« 足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜(1/19) | トップページ | メカニズム作戦(1/23) »