« 自己紹介読本(12/6) | トップページ | ドーレ・ホイヤーに捧ぐ(12/9) »

2016年12月12日 (月)

金色交響曲(12/7)

2

1万人ゴールドシアターの1日限りの上演会「金色交響曲」を埼玉アリーナで観た。

ロミオとジュリエットを1600人の高齢者が演じ、表現するという演目で、蜷川幸雄の逝去を受けて演出を請け負ったノゾエ征爾(劇団 はえぎわ主宰)がその類まれな手腕を発揮。観客も多いに楽しめ、また演者の1600人にとっても大満足(だと推測する)な、All you need is LOVE-愛こそ全てを高らかに謳うイベントに仕上がっていた。

それにしても前代未聞の試みながら、奇跡と言えるほどに完成度が高い上演となっていたのには本当に驚いた。

これも、やはり積み重ねてきたリハーサルの中でリーダー(ノゾエ)が築き上げたものであったのだと思う。

|

« 自己紹介読本(12/6) | トップページ | ドーレ・ホイヤーに捧ぐ(12/9) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/68817654

この記事へのトラックバック一覧です: 金色交響曲(12/7):

« 自己紹介読本(12/6) | トップページ | ドーレ・ホイヤーに捧ぐ(12/9) »