« 検閲ー彼らの言葉ー(11/30) | トップページ | ジャパコン(12/2) »

2016年12月 1日 (木)

メヂャメヂャ(12/1)

Measure4measure

江戸馨率いる東京シェイクスピアカンパニーの「メヂャメヂャ」ーMeasure for Measure/尺には尺をーを新宿三丁目のSpace雑遊で観た。

シェイクスピア学者であり、バイリンガルの江戸馨が劇団上演用に翻訳、編集した翻は、いつものように、感心する名訳が散りばめられている。

わかりやすい悲劇や喜劇と違って、奥歯に物が挟まったような問題劇である今作「尺には尺を」を2時間の尺の中にうまいこと収め、笑いを取り、勧善懲悪とは違った、それこそ人の世の問題点(矛盾)をしっかりと印象付けるところが流石。

ところで、日本では上演の少ない芝居であるが(蜷川先生も最後まで残しておいたぐらい)英国では人気のある演目であるらしい。実際、何年か前に英国を訪れた際にグローブ座でマーク・ライランスの(正統派)舞台を、そして同時期にサイモン・マクバーニーのコンプリシテ版、コンテンポラリーな舞台を観ることが出来たのは貴重な体験だった。どちらもそれぞれの方向性で良くできていた。

|

« 検閲ー彼らの言葉ー(11/30) | トップページ | ジャパコン(12/2) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/68666457

この記事へのトラックバック一覧です: メヂャメヂャ(12/1):

« 検閲ー彼らの言葉ー(11/30) | トップページ | ジャパコン(12/2) »