« 金色交響曲(12/7) | トップページ | 前と後ろと誰かとえんを壊せ(12/10) »

2016年12月12日 (月)

ドーレ・ホイヤーに捧ぐ(12/9)

Dore_hoyer

フェスティバル トーキョー2016の最終演目、80年代から活躍するドイツのカリスマ振付家、ダンサースザンヌ・リンケの代表作3作上演舞台を観た。

今回は彼女自身は舞台に立たず、カンパニーのダンサーたちが彼女の世界(Tanztheater ダンスシアター)を魅せた。

このように、ドイツらしいーAlles in Ordnung /Nothing amiss — 歪みのないダンスを見るとグローバルとは言いながら、同じヨーロッパでもやはり国、地域によってそれぞれに個性は大きく違うなと感じる。

|

« 金色交響曲(12/7) | トップページ | 前と後ろと誰かとえんを壊せ(12/10) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/68817660

この記事へのトラックバック一覧です: ドーレ・ホイヤーに捧ぐ(12/9):

« 金色交響曲(12/7) | トップページ | 前と後ろと誰かとえんを壊せ(12/10) »