« ロミオとジュリエット(12/11)(12/14) | トップページ | シブヤから遠く離れて(12/14) »

2016年12月23日 (金)

かもめ(12/13) 桜の園(12/20)

08_cherry_3

_dsc1871_2

20140921_183928_2

古典のコンテンポラリー演出で今や世界にも衝撃を与えている三浦基率いる地点の代表作、チェーホフ「かもめ」と「桜の園」を吉祥寺シアターで観た。

地点が活動している京都では上演されているが東京ではこのバージョンの上演は初めてということもあり、年の瀬、吉祥寺シアターには地点ファン、さらにはチェーホフ好きと思われるー他の劇場と比べてー年配の、特に男性客が多くつめかけていた。

難解?という印象も強い地点の作品だが、さすがにこのチェーホフに関してはー結成時初期からチェーホフ劇の解体、再構築上演に挑み続けているー多くの人が納得する完成度で、これがチェーホフ劇の、特に笑ってしまうほどの「面白さ」なのだと大満足の上演だった。

長ったらしい、それも馴染みのない名前やどうでも良いー実のところ、どうでも良いこともないのだがーエピソード、台詞などをギュッと簡略化し、その反面原作のメッセージを損なうことなく、それどころかメリハリにより、よりその意図を際立たせた演出は見事。

トレープレフの視線で描いた「かもめ」、保守的で微動だにしない地主たち(ラネーフスカヤを始め)と新しい時代を走り回るロパーヒンを一円玉(新しい価値)の枠で隔てた「桜の園」。視覚的にも、新しい読み直しの削ぎ落とした戯曲にしても、チェーホフが発した現代人に対する警告を知るのには地点の劇を観るのが一番!!

|

« ロミオとジュリエット(12/11)(12/14) | トップページ | シブヤから遠く離れて(12/14) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/68958860

この記事へのトラックバック一覧です: かもめ(12/13) 桜の園(12/20):

« ロミオとジュリエット(12/11)(12/14) | トップページ | シブヤから遠く離れて(12/14) »