« あなたが彼女にしてあげられることは何もない(12/5) | トップページ | 自己紹介読本(12/6) »

2016年12月 5日 (月)

AND(12/5)

No41_335x500_2

勅使河原三郎率いるKARASの本拠地、荻窪のアパラタスでアップデートダンスシリーズの最新作「AND」を観た。

チラシでは佐藤利穂子と鰐川枝里のデュエットとのことだったが、最終的に舞台に上がっていたのは佐藤のソロ。しかしあくまでも日々のアップデート段階でのソロダンスの披露ということで、今後アップデートしていく中でデュエットとして表現される日が来る可能性もあるということだった。

で、このソロダンス、アップデートの最先端として観ることの出来るキレキレの尖った表現のダンスで「ブラボー」の一言。実際、隣に陣取っていたフランス人たちは「ブラボー」と声をかけていた。

思いがけない展開、逆転、身体の解体とその先に続く新しい連続、、これこそが最先端の末端。表現に妥協がない。

荻窪の小スタジオがパリの前衛アートのスタジオになっていた。

|

« あなたが彼女にしてあげられることは何もない(12/5) | トップページ | 自己紹介読本(12/6) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/68724592

この記事へのトラックバック一覧です: AND(12/5):

« あなたが彼女にしてあげられることは何もない(12/5) | トップページ | 自己紹介読本(12/6) »