« 高き彼物(11/3) | トップページ | BONDINGS (11/6) »

2016年11月 7日 (月)

X/grooves space(11/5)

X_groove_space

Festival/Tokyoのダンスプログラム 「X/groove space」を東京芸術劇場、シアターイーストで観た。

外国人の客が多いな〜なんて思いながらスタンディングで鑑賞です、と言われた会場内へ。少しするとその外国人たちの多く(観客としても何人か参加していたが)が演じる側のダンサーたちであることに気づいた。
(基本的に)言葉なしで、触れ合う距離のコンタクトが展開されるその場のインプロパフォーマンス。ダンサーたちの軟体動物ばりの動きも凄いし、大音量の放電ノイズミュージックも初体験だったので楽しめた。でもって、隣の人と一緒にお掃除、もこうすれば楽しいということに気がついた。
こういった、安心できない(観劇前の予測が出来ない、または劇に参加する、という)観劇体験が出来るのはF/Tならでは。「おもてなし」過剰な日本にあって、自主性を求められる観劇、ちょっと不安になる演劇、演劇を越境した演劇、なんかももっとあっても良いと思う。

|

« 高き彼物(11/3) | トップページ | BONDINGS (11/6) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/68299988

この記事へのトラックバック一覧です: X/grooves space(11/5):

« 高き彼物(11/3) | トップページ | BONDINGS (11/6) »