« 燦々(11/10) | トップページ | メトロポリス(11/14) »

2016年11月11日 (金)

Romeo & Juliet (11/11)

Stage62336_1

新国立劇場、演劇研修所10期生試演会公演「ロミオとジュリエット」を新国立劇場小劇場で観た。

若い研修生たちの公演なので、変わり種のシェイクスピアでも見せてくれるのかな、と思っていたのだが、教科書に載るような正統派のロミジュリ。そうであるならば、ロミジュリは授業の中でやってもらって、少ない上演の機会としては他の作品の方が良いのでは?

モダンな衣装、白黒で色分けされた扉が並列して人物の入れ替わり、シーンの転換を生み出す舞台セット、歌の挿入などはなかなか興味深かった。反面、試演会の絶対的な主役である若い俳優たちの優等生的な演技を見せられると、う〜〜〜むこれは彼らを外の世界、他のカンパニーへ売り込むための、顔見せ興行としての意味合いが強いモノで、だからこうなるのか、と思えてきたりもした。

まずは優等生的な、器用な部分がプロとして必要なのはわかるし、それが舞台俳優のプロというものなのかもしれないが、、、願わくば、実際に外に出る日が来たら、まずは自分らしさを押し出してもらいたい。

|

« 燦々(11/10) | トップページ | メトロポリス(11/14) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/68387513

この記事へのトラックバック一覧です: Romeo & Juliet (11/11):

« 燦々(11/10) | トップページ | メトロポリス(11/14) »