« ストリッパー物語(7/11) | トップページ | ドリアン・グレイ(7/12)日本版(7/13)UK版 »

2013年7月13日 (土)

百年〜風の仲間たち(7/12)マチネ

Stage35687_1

先日の「道元哀歌」につづいて新宿梁山泊韓国凱旋公演2本目「百年〜風の仲間たち」を池袋シアターウェストで観る。

****演劇サイトより****

「ナショナリズムも嫌だ、コスモポリタンも真っ平。民族的偏見に満ちたチョーセンジンもご免やけど、

  バター臭い<在日コリアン>も嫌い。このまま、陽気な在日関西人として生きるんや!」

大阪のコリアンタウン・猪飼野(イカイノ)にある居酒屋「風まかせ人まかせ」。その開店20周年に集う、在日コリアンの仲間たち。彼らは、泣いたり、笑ったり、喧嘩しながらも、日本と韓国の狭間で翻弄され続け、それでもなお強く生きてきた在日100年の歴史をふり返る。そして、国、民族を超えた新たな未来へと繋いでいく―。 浪花の歌う巨人と呼ばれる趙博の歌「百年節」を元に描かれた、哀しくも美しい痛快音楽劇!!

**************

2012年初演時 劇団サイトより*****

大阪「玉造」、ここは居酒屋「風まかせ人まかせ」(実在します。) 在日コリアンたちのたまり場のようになって20周年を迎えたこの店は、しっかり者のおかみスジャ、その妹ヨンミ、 料理人のアジェで切り盛りしている。そこに集う人々、歌手のヨンテ、新進画家のゲン、自称学者のピョンミン、 サンダル工場を経営しているクワンイル、その妻、キョンヒ、皆陽気で元気な面々だが、それぞれに大きな過去を背負っていた。 取材に来た新聞記者:吉田のインタビューにより、1人1人の物語が蘇る・・・。 大阪在住の歌手・趙博の歌「百年節」をモチーフに、在日100年の歴史を日常の生活の中に描いた叙事詩。 哀しくも楽しく、ちょっぴり皮肉で意地悪でひたすらに優しい物語を、新宿梁山泊流に時間空間飛び越えてダイナミックに描く痛快音楽劇。

********

|

« ストリッパー物語(7/11) | トップページ | ドリアン・グレイ(7/12)日本版(7/13)UK版 »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/52431689

この記事へのトラックバック一覧です: 百年〜風の仲間たち(7/12)マチネ:

« ストリッパー物語(7/11) | トップページ | ドリアン・グレイ(7/12)日本版(7/13)UK版 »