« 華麗なる休暇(6/1) | トップページ | SPAC演劇祭ー6月の週末通いー »

2013年6月 5日 (水)

アトミック☆ストーム(6/3)〜からの つく、きえる(6/4)

Stage34289_1

Banner_an_und_aus_2

連続して、3/11の震災に関わる戯曲のお芝居を観た。

「アトミック・ストーム」は流山児事務所がスマッシュヒット舞台「ユーリン・タウン」に次いで座・高円寺で上演する大所帯ミュージカル。

***演劇サイトより あらすじ****

2011年3月の、あの福島の原発事故からもう何十年経ったのだろうか。
反原発派の大規模デモ、避難民の失われた生活、降り注ぐ放射線の恐怖・・・それらは電力各社及び原子力委員会の思惑通り無かったことのように押し切られ、喉元過ぎれば熱さ忘れる国民性も手玉に取られてアッという間に忘れ去られた日本中の海岸線には威風堂々と原発が増設立ち並び、なんとその数は99基にもなっている。「節電」という言葉が完全に死語となった今、原子力委員会の最大の懸念は溢れかえった使用済み核燃料(原発ゴミ)をどうするかである。それもそのハズ、この年月と100兆円以上もの費用を掛けたにも関わらず、なんと未だ「もんじゅ」は試行錯誤を繰り返すばかりで何のメドも立っていなかったのだ!
 日本のとある港町。ここに記念すべき100基目の原発の建設工事が始まったところである。だが、この港にはオンボロの貨物船に住み着いている老婆が一人いる…老婆には還らぬ息子が一人。もう何十年経ったのだろうか…忘れもしないあの大津波。目の前で波にさらわれた息子はまだ生きていると信じ続けて、この場所から一歩も出ない決意でいるのだ。一方、月面クレーター「マリウスの丘」では、増え続ける原発ゴミを月に捨てるという無謀極まる計画が進行中。月は地球にとって巨大なゴミ箱と化していたのである!!

****************


チェルノブイリ原発事故を受けて当時28歳の佃典彦が92年に書いた戯曲を改訂を重ね、さらに今回、3/11を経た2013年バージョンへとアップデイトした作品。

流山児事務所の人脈を総動員した年齢層に幅のあるキャストで、さらには若手きっての多忙演劇人、柿喰う客主宰の中屋敷法人が演出を担当し、御大流山児氏もまさに「核」となる役で顔をみせてのにぎやかなミュージカル舞台。

|

« 華麗なる休暇(6/1) | トップページ | SPAC演劇祭ー6月の週末通いー »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/51917679

この記事へのトラックバック一覧です: アトミック☆ストーム(6/3)〜からの つく、きえる(6/4):

« 華麗なる休暇(6/1) | トップページ | SPAC演劇祭ー6月の週末通いー »