« いやむしろわすれて草(5/22) | トップページ | うかうか三十、ちょろちょろ四十(5/24) »

2013年5月25日 (土)

Vocaloid Opera THE END(5/23)

4

Stage34494_1

3_3

渋谷オーチャードホールで2日間限定のボーカロイドオペラ(人間が歌っていないし演じないー音声合成システムと映像で構成されたオペラ)、バーチャル世界の女神、初音ミクが主演キャラとして全編を演じる「THE END」を観る。

**2012年山口県の公共劇場、山口情報センターで初演された際の劇場HPでの作品紹介**

常に注目すべき活動を繰り広げている、音楽家/アーティストの渋谷慶一郎と、演出家/劇作家/小説家の岡田利規。ともに1973年生まれという世代を共有する彼らが、「終わり」をテーマに初のコラボレーション作を発表します。
「THE END」は、初音ミクによるオペラ。悲劇的ストーリーやアリア、レチタティーボといった従来のオペラが持っていた形式はそのままに、人間の歌手もオーケストラも登場しないボーカロイド・オペラという初の試みです。ステージの四面を覆うマルチ画面映像と照明、マルチチャンネル音響を駆使した、YCAMのプロデュース/滞在制作による最新作。オペラが結びつけられてきたヨーロッパ的人間中心主義と、生と死/パブリックとプライベート/部分と全体/線と層といった対立項の解体が試みられ、終わりとはなにか?死とはなにか?が問いかけられます。
自らの運命を予感したミクが、自分の劣化コピーや他のキャラクターとの対話を通じて終わりを探す旅が始まります。無限の谷へ繋がる部屋で展開する悲劇のバリエーション。ミクは果たして死ぬのか?


****************


開演前、オーチャードホールの扉前にはコスプレ姿の女の子、ファッション雑誌からぬけだしてきたようなファッショナブルな人々、、

|

« いやむしろわすれて草(5/22) | トップページ | うかうか三十、ちょろちょろ四十(5/24) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/51771332

この記事へのトラックバック一覧です: Vocaloid Opera THE END(5/23):

« いやむしろわすれて草(5/22) | トップページ | うかうか三十、ちょろちょろ四十(5/24) »