« アーキタンツ スタジオパフォーマンスシリーズVol.3(3/30) | トップページ | 従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン...(4/2)マチネ »

2013年4月 3日 (水)

趣味の部屋(4/1)

Stage33316_1

パルコ劇場で良くも悪くも(!?)パルコらしい芝居“趣味の部屋”を観る。

***演劇サイトより****

名優・中井貴一と4人の曲者俳優たちががっぷり組んで、サスペンスコメディに挑戦!

この5人を迎え撃つのは、映像界において『相棒』『リーガル・ハイ』など次々と良作を生み出し、押しも押されぬヒットメーカーとして活躍、また舞台でも白井晃と組んで『幻蝶』など骨組みのしっかりとした作品を生み出している脚本家・古沢良太と、映像での第一線での活躍は周知の通り、舞台でも『フールフォアラブ』などを演出し、高い評価を得ている行定勲。

男たちが集う“趣味の部屋”の秘密とは…!?

********


軽妙な笑いあり、ドンデン返し(数回)あり、テッパンのジョークあり、、

ご都合主義の嘘っぽさはあるものの、仕事の後の観劇には、このくらい肩の凝らない笑いというのが丁度良いこともあるのかも。

ふらっと劇場を訪れて、それで楽しめる。

全部が全部、人間の真理を突詰めるようなものでなくても、いろいろなものがあって良いじゃない、といった側にある作品ーだって劇場だって渋谷のど真ん中だし、、観劇の後のデートの続きでも楽しく過ごせそうな、そんな。。。ね。

だって、だからこそパルコなんだもん。


|

« アーキタンツ スタジオパフォーマンスシリーズVol.3(3/30) | トップページ | 従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン...(4/2)マチネ »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/51082978

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味の部屋(4/1):

« アーキタンツ スタジオパフォーマンスシリーズVol.3(3/30) | トップページ | 従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン...(4/2)マチネ »