« サロメvsヨカナーン | トップページ | インナーヴォイス(2/8)マチネ »

2013年2月 8日 (金)

Anamorphosis (アナモルフォーシス)(12/7)

Photo02

アトリエ春風舎で青年団とフランス人演出家フィリップ・ケーヌとの国際共同プロジェクト、青年団の女優4人が出演、英語・日本語の字幕付き上演のケーヌの作・演出による新作「Anamorphosis」世界初演を観るーというのも今作、この東京公演の直後には横浜でのTPAM(Tokyo Performing Arts Market)においてインターナショナルショーケースのプログラムとして上演され、その後ヨーロッパツアー(ベルギー、オランダ、フランス、ドイツのフェスティバルを回る)に出ることが決まっているからだ。
そんな背景もあり、初日の客席にはフランス人演劇関係者と思われる人々、そしてTPAM関連、さらには国内の演劇関係者ー国際フェスティバルのディレクター、チェルフィッチュの岡田氏などーなどの顔が。とっても国際色豊かな世界初演を迎えていた。
***TPAM HPより / 青年団HPより***
昨年のTPAM in Yokohamaで『セルジュの特殊効果』を上演し、独特のユーモアと世界観で日本の観客を魅了した演出家フィリップ・ケーヌが、青年団国際演劇交流プロジェクトにて再び登場します。これまでも数多くの才能を排出してきた青年団の実験工房・アトリエ春風舎で、青年団の女優4人と滞在制作を実施。彼女たちとの出会いからインスピレーションを得て生まれるフィリップ・ケーヌの新作にご期待下さい。
////////////
演劇そのものを見つめる確かな視線と壮大な遊び心で観客を魅了する、演出家フィリップ・ケーヌ。
彼と青年団女優4人との出会いが生み出す「アナモルフォーシス(歪み絵)」は、いったいどんな像を結び、何をそこに映し出すのか。

青年団国際演劇交流プロジェクト最新作、アトリエ春風舎にて世界初演!
***************
説明文にあるように昨年のTPAMでの舞台「セルジュの特殊効果」(こちらの舞台の様子はTPAMのHPでダイジェスト版をみることが出来るーー残念なことに見逃しているのだが、確かにこれは面白そう)が好評で、それもあって大いに注目を集めていて、多くの人が初日からつめかけているようなのだ。
**ネタバレ注意****
青年団の中でも小さくて“カワイイ”**ココがミソ**女優陣4人が次々と部屋に集まってきて、そこで未来を透視する?もしくは妄想を視覚化してみることの出来る特殊なゴーグルをかけそれぞれの妄想の世界をイメージし、そのあと実際にその世界を体現してみている。。様子が描かれる。
妄想のバーベキューを楽しみ、みんなで仲良くテントに入って眠り、お誕生日のプレゼントの包みをあけはしゃぐ彼女たち。グロウワームという蛍に似た黄緑色に発光する虫ー雌だけが発光ーの青白い光に魅せられ夢見ごこちになる彼女たち。
やがて、魔法はとけ、それぞれの現実へ戻っていく。
****

彼女たちとの出会いからインスピレーションを得てつくられたというが、、フィリップ・ケーヌが見た日本人女優たちって何なんだろう??

一見少女のようないでたちの夢見る女の子で、いつも楽しそうにグループではしゃいでいて、それでいて無自覚に男性を魅了する?????おいおい、ちょっと待ってよ。これってかなりな(日本)女性蔑視。
確かに、一方では、このようなイメージ戦略でインターナショナルマーケットに売り込んでいるー少年ナイフとかAKBとかアニメのロリ顔で巨乳のヒロインたちとかーーーという事実はあるものの。。。それらは商業戦略でしょう? 商品でしょう??

青年団の生身の女優さんたちを使って、これっぽっちの貧弱なイメージしか表現できないって??何??

だいたい、多くの台詞を字幕(日本語)で出して、彼女たちの声も聴くことが出来ないって、、なぜ?

これを持って、ヨーロッパを回るって??ヨーロッパの観客に一体何を見せるつもりなのかしら?あ〜〜〜恥ずかしい。

こんなドリームランドに住んでいる人たちが今の世の中にもいるんだよ、ってか??
彼らはそんなもの、わざわざ観たくないだろう。ーその世界に触れたい人はアニメとかの方が有効なでは?

今、こんなもの見せている時か?

わからん!!!

彼の眼に彼女らが不思議に映ったのだとしても、それを昨年上演の舞台のように上質なウィットで、時に疑問を素直にぶつけながら描いてほしかった。

|

« サロメvsヨカナーン | トップページ | インナーヴォイス(2/8)マチネ »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/49262814

この記事へのトラックバック一覧です: Anamorphosis (アナモルフォーシス)(12/7):

« サロメvsヨカナーン | トップページ | インナーヴォイス(2/8)マチネ »