« ちいさなブリ・ミロの大きな冒険(12/14) | トップページ | 赤い華のデジャヴュー(12/16) »

2012年12月17日 (月)

今、被災地は!ー演劇「今伝えたいこと(仮)」を含む(12/15)

B48bf0303556648acaeab776ae111c73

友人に誘われて仙台で行われたイベント「今、被災地は!」へ出向く。
福島の県立相馬高校演劇部(放送部)の女子高校生たちが、みんなで話し合いながら実際の体験談、友人・知人のさまざまな声などをもとに書いた戯曲「今伝えたいこと(仮)」ー注・タイトルに(仮)とあるのはその伝えたいことが刻々と変化していく可能性があり、それに伴い内容も変えていく可能性があるからとのことーを上演。
自前の制服姿でほとんど舞台装置もない舞台で演じられる40分ほどの作品では福島の高校生たちの赤裸々な声が語られている。
飾ったり、レトリックを用いたりすることを一切していない剥き出しの彼女達の言葉が並ぶ舞台は、演劇としての完成度云々とはかけ離れたところで、それでいて、一方では目の前の観客へ伝えるパワーを十分に備えている。
時として演技を越えて素が垣間見えたりする場面もあるのだが、それら全てを含め、観る価値のある舞台だった。
事実、(あとで友人がおしえてくれたのだが)会場に観に来ていた観客の高校生たちは大粒の涙を流していたらしい。
生身の人間が人前に出て何かを伝えようとする。。。演劇のひとつの大きな役割を、福島の女子高生たちが実践している。
この実体験をより多くの人に味わってもらうため、彼女たち、そして学校の先生達が全国各地での出来うるかぎりの上演、さらにはこの舞台を収めたDVDの上映会を敢行中だ。近日中の予定としては12月21/22日は沖縄で、年明けには都内文京区で上映会が行われる予定で、3月16/17日には東京笹塚ファクトリーでの演劇上演が決まっているとのこと。
ぜひ、この機会に福島の現状を聞きにいってみては?
*******
この演劇上演に続いて、上映されたドキュメンタリーフィルム;
栃木在住の米国人ジェフリー・ジョーサン氏( 他にPaul Johannessen, Jeffrey Jousan and Ivan Kovac も参加)が制作したフィルムも大変興味深かった。
*Women of Fukushima
*Then and Now
↓このリンクでご覧下さい。


選挙報道と一緒にこのフィルムも流してほしいよね(今、やるべきことを思い出すためにも)。

|

« ちいさなブリ・ミロの大きな冒険(12/14) | トップページ | 赤い華のデジャヴュー(12/16) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/48357315

この記事へのトラックバック一覧です: 今、被災地は!ー演劇「今伝えたいこと(仮)」を含む(12/15):

« ちいさなブリ・ミロの大きな冒険(12/14) | トップページ | 赤い華のデジャヴュー(12/16) »