« ピーター・グライムズ(10/2) | トップページ | リチャード三世(10/3) »

2012年10月 4日 (木)

Jack the Ripper(10/3)マチネ

Stage30246_1

平日の昼間、韓流ファンが詰めかける雨の青山劇場で韓国版「Jack the Ripper (切り裂きジャック)」を観た。

時間丁度に着いたにも関わらず(劇場の時計が2時をさしていた)、数秒遅れたのか、既に幕が開いたので6分間ロビーでお待ち下さいと言われてしまい、オープニングを見逃すーそれにしても、数分間の押しは範疇内でしょうに。。厳しい〜〜。

で、これがまた完璧なまでにプロフェッショナルに作り上げられた作品で、これが韓流エンタメの底力、とまたもや再確認させられた作品だった。

もともとはチェコで生まれたミュージカルを09年に韓国で新演出で上演。大ヒットを記録し4年間のロングラン、日本からも多くの人が観劇に訪れているという。

ー昨年の今頃、初めて韓国に芝居を観に出かけたのだが、大劇場の演目(ミュージカルが多い)になればなるほど、外国人の観劇客を大いに意識していることは一目瞭然。ー英語字幕(時に日本語字幕)を付け、外国人客を意識した作品作りをしているー国内の人が観つくしたなら、国外の人を誘致すればよいという考え方なのだろう。ー

良くも悪くも、韓流ドラマに似通っていて、かなり強引なストーリー、この強引さがドラマチックな進展を流れにのって展開しジェットコースターのようなドンデン返し、急展開を繰り返す。「あり得な〜〜〜い」とは言わせない、そんな些細なことよりも受け入れて楽しんじゃった方がお得!と言わんばかりのノリノリのエンタメショーだった。

私が座っていた席の後ろあたりにいた二人組の休憩時間中のおしゃべりを聞いていたら、どうもそのうちの一人は何度もこのミュージカルをすでに観ている様子。

それぞれのキャストについてその出来の違いについてもう一人のお友達にレクチャーしていた。(まるで夢の遊眠社の公演を何度も繰り返し観ていた数十年前のわたし??!)

まあ、この現象からしても、韓流ブームが演劇界にまできちんと作用していることは明らか。一人でも劇場に通って欲しいと願っているひとりとしては、この盛り上がりは本当にありがたいこと。この勢いが日本の(ステージ)エンタメ界にまで波及してほしいのだが、ここのところよく目にするオープニング直前のチケットディスカウント情報などによると、ミュージカル用の大きな劇場はオープニングしているもののそれほどまでに観客層の拡大には至ってないのだろうと推測出来る。

全てが手放しで`ブラボー’というわけではないのだが、少なくとも確実にこの韓流ミュージカル公演にはミュージカルファンを増やすヒントが溢れていることは確か。(字幕を劇場左右の壁だけでなく、前方席の観客用に舞台のへりの下部分にテレビ画面のようなものを数台設置して彼らにも見やすいように工夫している。カーテンコールでの役者陣からのサービス(これは東宝ミュージカルなどでも見られるが)が充実していて、単純にショーを楽しめる工夫が満載、、などなど)

以前、同劇場で「ラ・マンチャの男」を観た時もその日一日ハッピーに過ごしたのだが、今回も楽しい一日を過ごさせてもらった。

|

« ピーター・グライムズ(10/2) | トップページ | リチャード三世(10/3) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/47303208

この記事へのトラックバック一覧です: Jack the Ripper(10/3)マチネ:

» 夢の遊眠社 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優・女優 [Nowpie (なうぴー) 俳優・女優]
夢の遊眠社 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火) 08時39分

« ピーター・グライムズ(10/2) | トップページ | リチャード三世(10/3) »