« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

エジンバラから戻っての観劇3本

我が家の大黒柱が病気で倒れたため、予定を早めて帰国。その後も病院通いなどが続いていて、観劇はちょっと夏休み状態。
まあ、エジンバラの(フェスティバル)熱が冷めるまで、あと日本で待っていた書き物を仕上げるためにもかえってよかったかも。
そんな中、帰国後に観た芝居3本のクイックレビュー。


Stage27752_1

M&Oplaysプロデュースの2011年スマッシュヒット作品、「鎌塚氏、放り投げる」の続編?ー完璧な執事鎌塚氏(三宅弘城)シリーズ第2弾「鎌塚氏、すくい上げる」を本多劇場で観る。
「。。。放り投げる」は見逃しているのだが、その評判は耳に届いていたので、いかがなものかと期待して劇場へ。
面白くはあったのだが、それほどまでに仕込まれたギャグがハマらなかったのは旅行疲れのせい??!!でもないとは思うのだが。
鎌塚氏のキャラはたっているし、演じている三宅氏もいつもながらに好演なのだが、どうも事前に大ウケを期待されているコメディ映画の空回りのような、何かをやる前から観客の「さあ、笑いに来たんだから笑わせてくれ!」という半歩先走りのフライング笑いのような、、、ちょっと、今回の舞台に関しては何かがちょっとズレていたような感じが残った。

公演最終日に近い日に観劇したにも関わらず、多くの演劇関係者、著名俳優たちが客席に大挙していたのは前作の評判のおかげなのか??ーこんなに多くのお忙しい芸能人を劇場で目にしたのは久しぶりー


Knock570250

毎年恒例の夏の全国ツアーの皮切り、グローブ座での「コンドルズ日本縦断ツアー2012 Knockin'On Heaven's Door」を観る。

いつも通りでありなが、いつも通りではない。。。。プログラム構成の基本ラインは変わらないー近藤氏ソロ、群舞、コント、人形劇(これが結構いつも楽しみ、、で今回の人形も恐くてよかった)そして群舞&ソロ、アンコールーのだが、年々入れ替わる、またはその時の他の仕事の都合による参加不参加によるメンバーの顔ぶれにより、当然のことながら中味が変わってくる。

特に学ランを着て、みんなで横4列ぐらいになって踊る群舞の場面のそれぞれの個性が現れた踊りの部分が見応えがある。
バレエの群舞のように皆がピシッと揃っているわけではないのだが、だからこそ、一人一人を観る楽しみがある。

近藤氏(+メンバー数人)はこの本公演の準備の他に、この夏はいろいろなところへ行って、地元の人たちと踊ってきたらしいー池袋の大盆踊り大会に始まり、小豆島での地元の人たちとの踊り創作、横浜で地元盆踊り会ーのだが、本来、「踊り」ってどんな人も参加できる、楽しめるレクリエーションの一つだよな〜〜〜、身体を動かすのはみんな好きだから、だから踊っている人をみるのも楽しいんだよね、なんてあらためて思いおこさせてくれる。

Stage27950_1

埼玉「トロイラスとクレシダ」

彩の国全シェイクスピア作品上演企画の26弾(だんだん、目標に近づいてきましたね〜〜)、オールメールキャスシリーズの最新作、トロイ戦争の発端ともなったトロイ軍とギリシャ軍の間での女性の略奪合戦、男と女の性質の違いを戦争という極限状況を背景に描いた「トロイラスとクレシダ」を観る。

今どき、というかブランド広告のメンズモデル並みのイケメンたちが上半身を露にー時にはほとんどを隠さない状態でー剣をふるい、エグザイルのCM広告のような立ち回りを披露する舞台。
オールメールということで、女性を演じる男性俳優の化けっぷりもこの趣向の舞台のお楽しみの一つ。それにしても、今回は戦争中の男達、それもいつものメールシリーズの喜劇調ではないということもあり、マントをはためかせさっそうとカッコ良く入退場するそのヴィジュアルにかなりの比重をおいた演出。

その意味で、ひまわり畑の舞台装置といい、金髪姿の勇士達といい、ヴィジュアル面では劇画のような楽しさが味わえる。が、その若い勢い、劇画のような派手な立ち回りのおかげで、随所に台詞が空回りの箇所があり、劇内容が十分に伝わってこないという難点もあった。

主演のクレシダ(月川悠貴)、異質な存在の狂気のカサンドラ(内田滋)、絶世の美女へレネ(鈴木彰紀)の女性役陣が好演。常連の横田栄司、アキレウス役の星智也とパトロクロス役の長田成哉の同性愛コンビも適役。

日本では滅多に観ることのできない「トロイラスとクレシダ」。その劇をカットすることなく、翻案で短くしたりすることもなく、フルバージョンでみせてもらえるのは、ただただひとえに蜷川幸雄氏だから。イケメンにはあまり興味がないのだが、その意味で、大いに感謝。貴重なシェイクスピア観劇体験。

ーあのイケメン二股騒動の渦中の人、塩谷瞬氏も出ていたのだが、こちらも適役で大いに活躍していたー


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月21日 (火)

エジンバラ演劇祭(8/9-19)

世界3大演劇祭の一つ、エジンバラ演劇祭にフリンジプログラムで参戦。

早稲田をベースに幅広い活動を展開する流山児事務所の「花札伝綺」の7回公演のプロモーターとして初のエジンバラの参加者側にーもちろん、観劇者として訪れたことは過去に4〜5回ありー。

初めて、体験してみて見えてきたことは山ほどあり。
とても有意義な時間を過ごした。


そもそも今回、流山児カンパニーとエジンバラへ来ることになったのは、カンパニーのドン、流山児氏から昨年、エジンバラで上演したいんだけど、一緒に行かないかとのお誘いを受けたから。

その一言から始まり、フリンジ参加へむけての諸手続き、交渉を経てこの八月のツアーが実現した。

演目は花札伝綺でと言われ、昨年、寺社などで上演された舞台をあらためて観直したのだが、その際にこれはイケルかも、とかなりの好感触を得た。外国、厳密には英国で、それも上演時間に制限があるフリンジ演目として、これだったら良い線を狙えるだろう、と思ったのだ。

で、実際、ツアーを敢行してみて、その予想はドンピシャに当たった。プログラムの内容もさることながら、カンパニー自体にもかなり恵まれたのだと感じている。
なんと言っても、劇団を演劇祭にプロモートするのは初めての体験。私が初めてで、劇団にも経験がなかったら、おそらく今回の何倍も手こずったことだろう。。。しかしながら、彼らはアジアをはじめ、エジプト、カナダ、と海外公演に関しては十二分に経験済みの熟練者たちで、海外公演そのものに関しては手慣れたもの。あとは、私が知りうる限りのエジンバラ演劇祭の知識と、英語の手伝いに専念すればよいという状況。せっかく乗りかかった船なので、最大級の成果を挙げられれば。。と現地に乗り込んでからはかなり充実した時間を過ごすことが出来た。

2000を越す参加団体の中で、外国からの参加ということで知名度が低いということもあり、前半戦こそ集客に苦労したものの、口コミ、街頭での宣伝活動の成果、さらには五つ星、四つ星のレビューがでたこともあり、最後の2日間はほぼ満席状態に。
それらレビューの内容もかなり好意的で、すでに再演を望む、といったものまであり、、本当に実現すれば、まだ観ていない英国人たちに見せてあげたいと切に願うばかりである。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月 6日 (月)

sea/saw(8/4)

0719nibroll647


sea/sawのダンス公演、文句なくの★五つ、でもってその前にオマケの次回公演のワークインプログレス公演(現段階での出来ということで作品を発表する形)まで観させてもらって、その分の★までつくと、五つ星超えの超お得なニブロール企画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくすけ(8/4マチネ)

Thumbnail


★★★★。。。やっぱり翻の素晴らしさにもう一つ★で五つ星。

***** 演劇サイトより****

91年悪人会議プロデュースとして初演。その後日本総合悲劇協会公演として98年に再演された「ふくすけ」は過剰ともいえるエネルギーが時の事件となり、長い間再演が待ち望まれていた伝説的作品です。
薬剤被害で奇形となった少年、宗教ビジネスにのめり込んでいく人々、マイノリティたちのテロへの衝動―。ゆるいヒューマニズムを揶揄し、〝悪〟もまた人の姿であることを圧倒的な筆力で描き出した傑作戯曲といえます。
**************


当日、劇場で購入した今回の上演戯曲の巻末に98年上演の際にはのキャストが載っていた。

今回、古田新太が演じている妻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原サチコのハノーファー ヒロシマ☆サロン(8/3)

9556011standard

★★★★★ー楽しい夕べとおみやげをどうもありがとうございました!感謝!!!の五つ星。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

叔母との旅(8/2)

Stage28925_1


★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗いところからやってくる(8/1)

Jv6rhjbjm32yo8wwuzpq_normal

★★★★(0.5★)=4.5★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

招待されなかった客(8/1)マチネ

Stage28725_1


★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京裁判(7/31)

Stage29056_1

★★★(0.5★)=3.5★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンポン お前の自意識に小刻みに振りたくなるんだ ポンポン(7/31)マチネ

Stage28921_1


★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

露出狂(7/30)

Stage28502_11

★★★(0.5★)=3.5★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千に砕け散る空の星(7/30)マチネ

Stage27319_1

★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »