« スキラギノエリの小さな事件(6/7) | トップページ | ロミオとジュリエット(6/10)マチネ »

2012年6月 9日 (土)

南部高速道路(7/8)

Stage27320_1


三軒茶屋 シアタートラムで長塚圭史脚色・演出(原作はアルゼンチンの作家フリオ・コルタサルの短編小説(1966))の実験的舞台「南部高速道路」を観る。

シアタートラム劇場の真ん中に舞台空間が作られていて、観客は四方からその舞台を見下ろす形での観劇となる。14人(時々現れる子役1人含む)の役者はほんとんどの時間その四角い空間に出ずっぱり、そのなかで何人かの役者がそここで同時にしゃべるシーンもあるので、場所によって見え方も違ってくる、というのが一つの今舞台観劇の楽しみ方のオススメらしい。(と、アフタートークで語られていた)

今回は主催の世田谷パブリックシアターとの試みにより、1年ちょっとぐらいの準備期間を経ての上演ーその間、何回かのワークショップを経て最終的な舞台作品制作に至ったとのことーという経緯らしいのだが、そのように長い期間をかけたという甲斐もあり、その間で築き上げた俳優との信頼関係により、英国留学後に長塚氏が目指してきた舞台づくりがようやく見える形で実を結んだような舞台となった。

**********ネタバレ 注意**********

ストーリーはあってないようなもの。
一言で言ってしまえば、「渋滞」により偶然に生まれた現代では貴重な予定のない「時間」。突然それを得てしまった現代人たちはどのような生き方を見つけるのだろう、という話。

日曜日の昼下がり、高速の渋滞にはまってしまった人々ー13人、夫婦ありカップルありの老若男女。初めはいつものこととやり過ごしていた人々だったが全く進む気配のない渋滞状況に豪を煮やして、車を降りて前方を確かめようとする人やら回りに食べ物をふるまう人などが出てくる。日も傾き始めた頃には回り数台の車の乗員同士での集団が出来始めていた。次第に個々人の役割分担も決まり、高速道路上での奇妙なコミューン生活が始まる。。。。そして数日が過ぎ、数週間、、、数ヶ月が経ち、季節も移り変わっていく。。。すっかりこの場所、状況に定着し始めたある日、、、誰かが気づき叫ぶ「あれ、、何だか動き始めたみたいだぞ」。。。そう、始まりと同じように、唐突に渋滞は解消され、人々はまたそれぞれの生活に引き戻されていく。

**********************


幕開け、様々な傘を片手に俳優達が行き交う舞台。そこが高速道路でそれぞれが列をなして車を運転しているのだ、と理解するのに数分も有さない。
裸舞台の上には大掛かりな舞台セットは無く、観客の演劇的想像により舞台装置、さらにストーリーも構築されていくー当然のことながら、その解釈、登場人物同士の関係性などに関しては一つの決まった答えはなく、観る人がそれぞれの経験、想像力によりどのようにでも解釈できるような「ゆとり」部分も組み込まれ、構成されている。

震災を経験した日本人のなかでは、かなりの高い共有率で「非常時の人々の関わり方」「緊急時の人間の性」をそこに見ることにはなるだろう。しかしながら、それだけではなく、人によっては「世代間の軋轢」を、また人によっては「都会の孤独」を「現代人が失いつつあるもの」を見る場合もあるだろう。

つまりは、この舞台の産物として観た人々の人数分だけの広がりを生み出せるような、そんな制作 ->上演段階で進化するような舞台が出来上がった、もしくは出来上がりつつある(進行形)ということなのだと思う。

ワークショップの段階から様々なアイディア試し、個々に思うアイディアを出し、インプロで個々の心境を演じ続けてきたという俳優達の演技は活き活きとし、それぞれに魅力たっぷりに役を演じている。

―集団の中でも赤堀雅秋の長距離バスドライバーと江口のりこの独身女性ドライバーのちょっかいの出し方、恋の行方を目で追っている自分がいたりして、それぞれのキャラクターが役者の生身の身体とうまく折り合いをつけているので、その一人一人の役者自身を見ているようで、「役者を見る」のを大いに楽しめたー


まだまだ、短いサイクルでやっつけ的に、ベルトコンベア状態で出来上がっていく作品が多い日本の演劇界。大変だけど、さらにお金もかかるけどーまあ、これは公共劇場ならではという特権でしょうがー、(上手く)時間をかけたものにはやはりそれなりのものがついてくる、、という一つの有益な例となったのではないだろうか。


|

« スキラギノエリの小さな事件(6/7) | トップページ | ロミオとジュリエット(6/10)マチネ »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/45590278

この記事へのトラックバック一覧です: 南部高速道路(7/8):

« スキラギノエリの小さな事件(6/7) | トップページ | ロミオとジュリエット(6/10)マチネ »