« うしろ姿のしぐれてゆくか(6/6) | トップページ | スキラギノエリの小さな事件(6/7) »

2012年6月 8日 (金)

さらば、豚(6/7)マチネ

Stage27645_1

下北沢スズナリで流山児★事務所公演、劇団桟敷童子主宰、東憲司の新作「さらば、豚」を観る。

*****ものがたり 劇団HPより********

炭鉱跡の養豚場で豚の世話をしているのは敵対している二組のヤクザ達。ある日、養豚場から豚が一匹残らず消えた。二組のヤクザは互いに相手の仕業だと争う。消えた豚を追っかけてヤクザ達が迷い込んだ先は、不気味な廃炭坑。閉じ込められたヤクザ達に、闇の奥から忌まわしい唄が聞えて来る…それはヤクザ達にとって忘れられない弔いの唄であった。
****************************

流山児★事務所が得意とするジャンルの一つ、社会のはみだしもの(今回はヤクザくずれ)の男達が対立しあい、殺しあい、裏切り、結局は落ちていく、、というお話。

今回は、九州の炭坑で土にまみれ、豚に振り回され、人と金で入り組んだ軋轢の中で抗争を繰り返す10人のヤクザものたちのもがく姿に、過去に置き去りにされてきた社会問題、解決を後回しにして目先の発展にばかり奔走してきたわれわれへの警告を絡めてみせる。

10人の男ばかりの舞台の中、流山児氏とは氏がプロデュースする高齢者劇団を通して昵懇の仲の劇場支配人本多一夫氏が特別出演している。
私が観た日は、幕が開けて2回目の公演ということもあったのか、本多氏のシーンでは、オールド・バンチ公演を彷彿とさせる、なかなかスリリングな「間」もあったので、毎日、何が起きるか。。まさにライブならではの面白さがあり。。かも。

(ま、それにしても、あのこわ〜〜〜い「間」からして味にしてしまうところに、劇団の円熟味があるのかも)

|

« うしろ姿のしぐれてゆくか(6/6) | トップページ | スキラギノエリの小さな事件(6/7) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/45576767

この記事へのトラックバック一覧です: さらば、豚(6/7)マチネ:

« うしろ姿のしぐれてゆくか(6/6) | トップページ | スキラギノエリの小さな事件(6/7) »