« キリング・フィールドを越えて(6/23)マチネ | トップページ | 水無月の云々(6/25) »

2012年6月24日 (日)

みんなしってる(6/23)

20120420_2097719

静岡から東京に戻り、青山のスパイラルホールでプロジェクト大山のダンス「みんなしってる」を観る。(初見)

********アート関連 サイトより********

プロジェクト大山とは、古家優里を中心とした護国寺系ダンスカンパニー。全メンバー女性。全メンバーお茶の水女子大学卒の経歴を持つ。2009年横浜ダンスコレクションRにて「審査員賞」受賞。2010年トヨタコレオグラフィアワードにて「次代を担う振付家賞」を受賞。カンパニー公演活動の他、中田ヤスタカプロデュースMEG『SKIN』PV、NHK Eテレ『真夏の夜の経済学』、シス・カンパニー公演 長塚圭史演出『ガラスの動物園』に振付出演している。

***********************

男性ダンス集団`コンドルズ’の制作カンパニーがプロジェクト大山ーコンドルズが男子ユニット、でプロジェクト大山は同じぐらいの人数による女子ユニット、という色分けありーの制作も兼ねているということで、受付にはコンドルズのメンバーたちがお出迎え(豪華!)。客席でも金髪をなびかせながら観賞するメンバーの姿が。

「プロジェクト大山」の印象としては、さすがにダンスコンペの賞を受賞しているユニットだけあって、正統的なダンス表現ーープラス、女の子らしくキッチュなヴィジュアル&テイストーでみせるダンスカンパニー。

チラシにある全身ブルーに赤い靴下の衣装は彼女達のトレードマークらしい。。。この他に全身金ぴかのタイツ衣装—マロングラッセちゃんーもあり。

これからちょっと見続けてみようかと思う。


まったくもっての余談:
開演前、ちょっと時間があったので会場界隈をブラブラしていたのだが、青山族なる人々ーファッション雑誌から抜け出てきたような人々。渋谷にワラワラといるファストファッション好きな若者だけではなく彼らが存在するおかげでアパレル界も存続していけるのだなと痛感ーってやっぱりこのあたりに出没しているのだな、と再確認。

|

« キリング・フィールドを越えて(6/23)マチネ | トップページ | 水無月の云々(6/25) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/45832853

この記事へのトラックバック一覧です: みんなしってる(6/23):

« キリング・フィールドを越えて(6/23)マチネ | トップページ | 水無月の云々(6/25) »