« 藪原検校(6/20)マチネ | トップページ | いないかもしれない 動Ver.(6/22) »

2012年6月21日 (木)

つか版・忠臣蔵 スカイツリー篇(6/20)

Stage28349_1


「スカイツリー篇」(ちなみに次の公演地、厚木公演でのサブタイトルは「厚木あゆコロ篇」らしいです)とくっついているだけあって、錦糸町から劇場への1本道の前方にはスカイツリーがくっきり。普段あまり馴染みのない下町エリアなのだが、あのどデカイ建物は確かにランドマークとしての役目をこれでもか!と思いっきり主張していることを確認。
それにしても超デカイ!ー恐ろしいくらい。。町に仁王立ちするウルトラマンぐらいの迫力ー

で、扉座ののぼり旗めく劇場へ。開演前、元気よく客入れに精を出す役者さんたちが開演前のスナックに、、と売っているのがご近所の和菓子屋さんのお菓子だったり、差し入れしてくれたこれまた近所のお店のおせんべいが配られたり。。。といかにも下町風情の気の配りよう。
そう言えば、劇場までの道すがら、通りでみかける人たちの様子には、夏になると店や家の前に将棋台が出て近所の人たちが夕涼みしていたりするのかな〜〜〜、なんて雰囲気も見てとれる。。(下町ではなかったけれど、私たちの幼少時代ーALWAYS三丁目時代ーにはなんだか夕方/夜のご近所づきあいとか、そんな時間帯が一日の中にちゃんとあったよね)

で、観劇したのは横内謙介率いる長命劇団、扉座の「つか版・忠臣蔵」。


********演劇サイトより********

現代演劇に大きな影響を与えた、故つかこうへいの小説・テレビドラマ作品『つか版 忠臣蔵』を、つか氏に最も影響を受けて誕生した劇作家のひとりである横内謙介が、その三回忌に、脚色して戯曲化、扉座公演として上演!
 舞台作品としての上演が長く望まれていながら、つか氏本人の手がける作品としてはついに実現しなかったこの作品を、氏亡き後、遺伝子を継ぐ弟子のひとりとも言うべき横内謙介が、亡き師に捧げるオマージュとして完成させ、上演します。


 私の演劇人生は15歳の春、部員不足で潰れかけた厚木高校演劇部に名前だけ貸したのを感謝され、そのお礼にと、つかこうへいの『熱海殺人事件』を先輩から奢って貰ったことから始まります。たちまち虜になり、初めてギターを持つ若者が、憧れのギタリストの演奏をコピーするように、私はつかこうへいの真似を始めました。やがて、何をやってもつかの世界になってしまうのが虚しくなり、必死でその大気圏から脱する努力を重ねて、ここまでやってきました。
  そんな私が30数年ぶりに、つかこうへいの真似に戻ります。あの頃夢中になった、つか文体で脚色し、当時食い入るように観た舞台の記憶に残る手法、音楽、照明で上演します。
  タイトルのスカイツリーに深い意味はありません。つかさんなら、こうするだろうと思って書き添えました。人生の恩人の名を汚さぬよう、しかとやります!

横内謙介
***********************


原作を読んでいないので、どれほどまで脚色されているのかは定かではないがーYou Tubeのテレビドラマの映像を見ると(ちなみに風間杜夫と松坂慶子の蒲田行進曲ゴールデンコンビがこのドラマでも共演している)けっこう書き直されているようにも思える。

まあ、ご本人がオマージュとして捧げているだけあって、つか芝居にすっかり心奪われた人々(かく言う私もその一人、野田秀樹がずっぽりと演劇界へ引っ張り込んでくれたのだが、もともとのきっかけ、観劇初めは紀伊国屋ホールでのつか芝居だった)にはたまらない、目ん玉開きっぱなしの2時間15分のエンターテイメントだった。

選曲と言い、台詞回しと言い、口上と言い、こけおどしの派手なサウンドと言い、、、ま〜〜〜あ、すべてがつか芝居のすばらしいオマージュとなっていて、でもってその中心につか節が、つまりは「きちんと人間を描いている」ものだから観た人たちはどっぷりはまるでしょう、ずぶずぶに浸るでしょうつか芝居に。(あの当時、新宿紀伊国屋に集まっていた観客達のように)

客演の山本亨はいつもながらに危なげなく、また扉座の面々も味があってーあて書きなのでイキイキーでもって劇場もドンピシャで、、一言一言を噛みしめさせてもらいました。

あ〜〜〜〜、台本買ってくればよかった。。

|

« 藪原検校(6/20)マチネ | トップページ | いないかもしれない 動Ver.(6/22) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/45751798

この記事へのトラックバック一覧です: つか版・忠臣蔵 スカイツリー篇(6/20):

« 藪原検校(6/20)マチネ | トップページ | いないかもしれない 動Ver.(6/22) »