« 狼たちの午後(3/27) | トップページ | ウェルカム・ニッポン(3/30) »

2012年3月28日 (水)

一丁目ぞめき(3/28)マチネ

Stage26828_1


下北沢スズナリで赤堀雅秋率いるTHE SHAMPOO HATの新作「一丁目ぞめき」を観る。

翻・演出・役者、それぞれに安定して高得点をたたき出している秀作。
さらには演劇だからこその効果として、観客が一歩ひいたところで第三者として我が身のトホホな実態を顧みることの出来る、舞台ならではの上演意義のある作品。

ここのところなぜか続けざまに父親が危篤、もしくは死んでしまったところに集まった子ども達という設定の舞台が続いている。演劇界の中心にいる劇作家たちが親の死を考えるような年齢になってきたからなのか?昨年の事故を機に人々が家族の死、それこそ「絆」をあらためて考えるようになったからなのか??

*********ネタばれ注意***********
(演劇サイト 作者による内容紹介より)
うんことちんことまんこの話をしようじゃないか。サンテンイチイチって言うな馬鹿。3月11日だろ。 すいません、緑茶ハイを一つ。そりゃ自分の娘が殺されたら、その殺した相手を俺は殺すよ。でもそれとこれとは別だろ。 別として考えようじゃないか。お前が芦田愛菜の心配をしなくていいんだよ。うんことちんことまんこの話。 マージャンとか最近やってないね。やらないよ。お前のこと絶対嫌いになるから。すいません、煙草置いてますか。 その靴どこで買ったんですか。アメリカとかアフリカとか中国とかな。そりゃヨーロッパだってあれだろ。風俗とか全然行ってない。 不思議だよ。何でお前泣いてんの。長澤まさみとなら付き合うよ。だって実際会ったらメチャクチャ可愛いと思うよ。 顔とかメチャクチャ小さいと思うよ。農家についてはまた改めて。一丁目ぞめき。
赤堀雅秋

***********************


今回は父の死を機に何十年かぶりに家へ戻ってきた厄介息子(赤堀)の、その異分子の介入により、全てが馴れ合いになっている一丁目のご近所・親戚連中の狭い世界、その狭い世界の淀みの中で紛れてしまっている恥部、本音をあぶり出すことになってしまったら、見た目とは違った世界が見えてきた。。というお話。

いわゆる世間のはみだしものである赤堀演じる長男=危険人物とその対比にある小市民たちとの関係が劇が進むにつれて次第に逆転していくのだが、触らぬ神に祟りなし、とばかりに社会的善人面、(とるにたらない)常識人面をきめこむ回りの人々達のそのあまりにも小市民的な対応がなんとも的確に、見事な描写で描かれている。加えて、その小市民たちの嘆き、葛藤の声も盛り込まれている。

この小市民的な卑小さを、社会の中のミクロ的事象(まさに個人レベルでの人付き合い)から、さらには見ようによってはマクロ的事象(たとえば世界外交の中での日本の態度とか)にまで、好きなように解釈出来るのが、演劇の醍醐味。

でもって、その自由さを備えているのがこの戯曲の面白さ。

赤堀雅秋の怪演も見所の一つ。

|

« 狼たちの午後(3/27) | トップページ | ウェルカム・ニッポン(3/30) »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/44670501

この記事へのトラックバック一覧です: 一丁目ぞめき(3/28)マチネ:

« 狼たちの午後(3/27) | トップページ | ウェルカム・ニッポン(3/30) »