« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月

2011年12月22日 (木)

ミュージカル宮(Goong)(12/21)

Stage22146_1


| | コメント (1) | トラックバック (0)

路上3.11(12/21)マチネ

Stage25012_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月の5日間(12/20)

Stage24098_1

神奈川芸術劇場で現代演劇史に確実に残る名作、チェルフィッチュの「三月の5日間」を観る。

当日券を求めて並ぶ多くの人々。その列の長さが如実に物語っているように、そして下記の説明文にもあるように`世界27都市’の人々が観た(これ、すごいです。かつてそんな日本制作の作品はあったでしょうか?)という事実が表しているように、やっぱり近年の日本演劇を代表する、クネクネ、ダラダラ(今回の上演ではその部分は変更されていましたが)とした表向きとは裏腹に骨太の社会派芝居でありました。

******演劇サイト より******

世界27都市で上演されたチェルフィッチュの代表作、待望の国内での再演ツアー決定!


【岡田利規コメント】
「三月の5日間」は、2003年のイラク戦争開戦時に、六本木のライブハウスで出会った男女が、そのまま渋谷のラブホテルに行き、そこで五日間を過ごす、という話です。今から八年近く前に書いたものです。思い入れ、と言ったことなら、僕はこれまで自分がチェルフィッチュで作ってきたどの作品にもそれぞれ、深い思い入れがあります。しかし作品が僕たちにもたらしてくれたもの、連れて行ってくれた場所だとか境地、さずけてくれた機会、出会わせてくれた人びと、そういうことから言うと、「三月の5日間」はチェルフィッチュにとって、僕にとって、やはりとても特別な作品です。

それにしても、なんだか信じられないことです。この作品の上演回数が今回の公演中に百回に届く予定というのもさることながら、それを書いたのがかつての僕だというのが。(岡田利規)

******************************

初演時にはその新しい演技スタイルークネクネ&ダラダラーであったり、言葉使いであったり、演出方法などが殊更に取り上げられ、新時代の演劇と称された芝居だが、あらためて見直してみるとーそれは小説で読んだ時にも大いに感心させられたことではあるのだがーいやはや、かなり計算しつくされた緻密な劇作で、かつ社会的・普遍的なテーマに取り組んでいることにまたまた驚かされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールド・バンチ4 男達の挽歌〜完結編(12/19)

Stage24365_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の秀作短編研究シリーズ・ドイツ戯曲リーディング(12/17&19マチネ)

8542318standard


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

ザ・プライド(12/16)

081_s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発とスーちゃんとビンラディンと私(12/16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土管2011(12/15)

Stage25391_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッキー・ホラー・ショー(12/15)マチネ

Performance_img_1s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

死の町(12/13)

Stage20097_1


楢原拓氏引き入る劇団チャリT企画の新作「死の町」を渋谷の雑居ビルの最上階にある小スペース Gallery LE DECO 5で観る。

前作「ネズミ狩り」でその完成度の高さ、コンテンツの剛柔のバランスの良さなどに驚いた↓のだが、

ネズミ狩り

今回の「死の町」でもその良さはそのまま、作りは思いっきりシンプルになってー劇場内スペースには役者が就く椅子が数脚おかれているのみー、その意味では社会的な側面がはっきりと見える形でのガチな現代劇に仕上がっていた。

前作「ネズミ狩り」でもそのタイトルからして意味深であったのだが、今回の「死の町」でもこのタイトルが最初から最後まで大きな意味を持ち続けることとなる。

現野田内閣発足直後、経済産業大臣となった鉢呂吉雄氏がその就任からわずか9日後に辞任することとなった発端の「死の町」発言ー就任直後に福島第一原発周辺地域の視察に訪れた後、その感想として「市街地は人っ子一人いない、まさに死の街という形だった」と発言し批判された件ーから始まり、その発言の真相を探るという形で劇が進行。最後は、その真相らしきものが解き明かされ一連の謎解きが幕を閉じるという形で終わるのだが、同じ「死の町」という言葉でありながら、時間を経るにつれ、その出発点と到着点とでは180度違った景色が見えてくるところがまさにこの劇の真骨頂。さらには直接的に原発事故事象をモチーフとして扱いながら、ただ事故に関して憂慮する、もしくは不安を煽るだけでなく、この事故が起きた背景にある真の闇、腐敗、、これが見えてくると一過性の事故ではすまない将来へ続く悪が見えてくるーに言及しているところが見事。

ーーーー謎解き、劇の筋などの詳しい内容はここで記すのは控えるが、「民主主義」が「経済主義」に飲み込まれている現状、原子力村の不遜で強大なパワーを透かし見ることが出来るーーーー

それも、観客にその闇に関する説明をほどこすというスタイルではなく、劇を観ていれば自然とそのからくりが見えてきて、観客自身が自発的に気づくことが出来るという作品になっているところが大きな成功点と言えるだろう。

小さなスペースでの公演なので、混雑必至。お早めに、チェック!

余談:おそらく、イギリスで上演されている多くの小劇場作品はこれに類似したものが多いように思う。その意味でも、(優れた字幕を付けた上で)イギリスでの上演なども視野に入れても良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乞骨(12/12)

Performance_img_2s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

オールデイ ローストチック

Image156

友人が一日限りのお料理教室に誘ってくれたので、渋谷のパルコの階上でローストチキンを焼いてまいりました。

全てが用意されていて、実際にその場でやることといったら、きれいに内臓が処理されたチキンのXX から詰め物をするぐるらい。後は友人とおしゃべりをしていれば`チ〜〜〜ン’と鳴って、こんがりチキンの出来上がり!

Img_0007


Img_0008


我が家のKYさんは一人っ子だったので、クリスマスにはターキーを切り分ける役を仰せつかっていたのだとか。。。見よこの手つき!解体はお手のもの。

Img_0009a

「ほ〜〜〜〜らまずは手羽からね〜〜。」

。。。。まず晩ご飯に、こちらのローストチキンと湯で野菜、我が家の定番マッシュポテトを食す。。。

Img_0002_2

でもって、翌朝には冷えたチキンでローストチキンサンドウィッチ。

最後には骨からスープを煮出して、野菜をどんどん足して、チキンストック味のシチューで、骨の髄まで堪能しました、とさ。


**ちなみに、我が家の冷凍庫には丸々一羽の七面鳥が。。。(KY氏が勝手に注文して入手)。うむ、、詰め物作業は今年中にもう一回する必要がありそう。***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

ポルノグラフィ(12/9)

Stage23735_1

文化庁派遣でイギリスへ留学していた文学座所属の演出家、上村聡史の在外研修の成果公演、「ポルノグラフィ」を恵比寿エコー劇場で観る。


*******日本劇団協議会 HPより**********

2005年7月7日・・・
イギリス・ロンドンで起こった地下鉄・バス連続爆破テロ事件。
56名の人生を一瞬にして奪い、世界中を震撼させた。
死亡した人に中には4名の実行犯も含まれていた。
舞台は事件の前、数日間のそれぞれのドラマである。
近親相姦にふける姉弟、報告書の作成に追われるキャリアウーマン、
女性教師にしつこくつきまとう男子生徒、教え子を部屋に連れ込んだ
大学教授、孤独を愛する老婦人、そして爆破事件の実行犯・・・。
消えた命の向こうには何があったのか。それぞれのドラマを通して
見てくるロンドン同時爆破事件とは何だったのか。
地下鉄ホームの黄色いラインで隔てられるかのような生と死と、
行き場を失った現代人の孤独を描く、サイモン・スティーヴンスの意欲作。
*************************************

One of my favourites - 私のお気に入りの一人ー英国人劇作家サイモン・スティーヴンスの代表作「ポルノグラフィ」の日本初上演ということで勇み足で劇場へ。

エジンバラフェスティバルで現ハマースミス劇場の芸術監督Sean Holmes演出による舞台を観て、甚く感動したという経験があり、今回は日本人俳優による日本語上演ということで、また違った作品を観賞することが出来るのだろう、と期待と不安を持ち合わせての観劇。

いや〜〜〜、難しい。sweat01

エジンバラ公演の際にはいわゆる演出的効果ー例えばヴィジュアルであったり附属された効果であったりーが最小限に押さえられ、俳優のモノローグが唯一の演出効果といったステージであった。
裏を返せば、つまり、その見事な成果をあげた舞台の一番の、そして唯一の強みは俳優の演技(もちろんそれを演出家が引き出すわけだが)であったということなのだが、その部分で今回、。。。かなり厳しい。

スティーヴンスの戯曲の大きな魅力として、細部にまでこだわったリアルな描写があげられる。その「細部」という部分で、必然の成り行きとして、戯曲には固有名詞ー通りの名前だったり、店の名前、イギリス人が好む有名メーカーの食べ物の呼称ーがふんだんに盛り込まれることとなり、また、キャラクターが語る台詞には実際にその時に見られる社会現象、それもミクロの視線で観察したちょっとした特徴などが、まさに神業的なセレクションで綴られている。

その語りにリアルを吹き込む役目を大部分のところで負っているのが役者であるのだが、如何せん、この外国の、それもまったく知らない文化背景がキーとなる翻を読み込み、自分のものにするのにはかなりの忍耐&時間&リサーチを要するということを思い知らされた。
ー結局のところ、それしか方法はない、というのは明らかであるわけだが。ー

その成果が今ステージでは役者によってかなりのバラツキがあったように思う。
モノローグを淀みなく話してはいるもののその内容が伝わってこない役者、おそらく表層だけの解釈から演じているのだろうというのがその伝わり加減に表れている役者、がいたのはちょっと残念。


英国生活を経験し、同劇作家の作品を多く観劇し、読み込んでいる(パンフレットより)演出家の作品へのこだわりはそこここに見られた。普段は鳴りをひそめている内に鬱積した何かが吹き出してくる様子、日常の忙しさにかまけて垂れ流しの「明確な意志」、などが水を使った演出によって表現されていた。

世界初演のドイツ、ハノーファーではドイツ人演出家、奇才ニューブリングが役者たちにモノローグを語っていないときには壁一面に張られたバベルの塔のジグゾーパズルを制作させ続けるという、なんとも哲学的な演出をほどこし、人のなし得ることの可能性、そしてそれに対する希望的祈りを作品へと込めたそうなのだが、そこまでの演出家指導の策はとられていなかったように感じた。ー結局のところ、役者優先策をとるか、演出家指導策で押し切るのか、、、どうもその中間というところに落ち着いた感があるのだが、それだからなのか、、最終的な作品としての強さに欠けたように思う。

それにしても、日本人演劇ファンが観たことのない現代戯曲を果敢にも上演してくれるような、今回のような企画はありがたいかぎりであるのは確かなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月 9日 (金)

道成寺(12/8)

Stage23876_1

山の手事情社二本立てのうちの1本「道成寺」ー2004年初演の再演ーを浅草、アサヒ・アートスクエアで観る。

****** 劇団HPより*********

「道成寺」(どうじょうじ)
清姫は、好きになった僧の安珍に再会の約束を破られ、彼を追ううち蛇に変身し、安珍の隠れた道成寺の鐘を巻いて焼き殺す。道成寺は和歌山県に現存し、多くの伝説がある寺。日本人はなぜこの物語が好きなのか? 「今昔物語集」や歌舞伎台本、郡虎彦「清姫」などの戯曲を編み込んだ、現代版のレビュー。

********************

上記にあるように、能・歌舞伎の「道成寺」に同じように女の怨念・情念を扱った類似作品他2編を絡ませて、入れ子で上演する形態をとっている。

きらびやかな金色・朱色の刺繍入りの衣装、オープニングの黒子衣装坊主たち(女にうつつをぬかす男達をシンボリックに表現)が女の噂話をしながら人形の面のように顔をしかめるシーン、蜂の巣のような文様で飾られた紙細工の舞台セット、「今昔物語集」での女やもめ(倉品淳子)が蛇となり裏切った若い男を追いかけるアクロバティックなシーン、などなど目を楽しませてくれる観賞ポイント満載の舞台。

その中で、何と言っても秀逸なのが、ピンクヘアーのモンローちゃん、キャスリーヌ(水奇真弓)がカタコトの日本語で「道成寺」のエピソードを語るシーン。
台詞にテンポがあって、その上プチジョークも入り、大いに楽しめる。

虐げられる女、そしてその女の情念 VS いい気になって女を騙す男ども、、のシンプルな構図にやはりちょっと「古い」感は感じられるもののーちなみにこのプログラムで来年度のヨーロッパ公演を行うそう。どのように受け取められるか、そちらも興味津々ー、とりあえず、視覚効果で満足感は十分に得られる。


昨年同じ場所で観た同劇団の「オイディプス王」では、劇団のトレードマークでもある肉体を不自然な形で使っての演技が良い効果を出していたのだが、今回の舞台では、その必然性にやはり疑問がちらりと浮かんだ。。。

オイディプス王

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探索(12/8)マチネ

Stage24086_1

三鷹市の公共劇場、三鷹市芸術文化センター 星のホールで山内ケンジ氏主宰の城山羊の会、最新作「探索」を観る。

前作・前々作 のレビュー

前回の不条理劇がちょっとあざとい感があったので、ーしかしながらその前の作品ではそれ=不条理がとても上手く機能していたーさて、今回は?ということになったわけだが、今回は嬉しいことに、また新しい面も加わって、その上でこの劇団=劇作家らしい、良い意味で計算された不条理さもあり、とても堪能で来た。

******劇場HPより*********

三鷹、星のホールでやらせていただくのも3回目です。広い空間を生かして、ふだんの城山羊よりも娯楽性を強めたモノにしたいです。娯楽性とは、善良な人、悪者、どちらでもない人が明確にいるということだと思っています。例えば3・11に、完璧な悪者が存在していたらこの不条理を軽減できただろうに。9・11はそれをこしらえたわけですが。あ、話がぐっとそれました。でも、悪人がいることで救いになるような話になると思います。
*******************************

公演チラシの作者曰く、前作「メガネ夫妻のイスタンブール旅行記」と同じテーマを扱いながらー「前述の悪人がいることで救いになるような話」というところー方法論を全く真逆にしてみた、ということだった。
前作では不条理劇らしく、わからない部分を多く、つまり情報量を極力抑えて話を展開したのだが、今回は情報量満載にしてみた、ということなのだが、そうするとその多くの情報量に縛られて不自由さを感じて困っているとも書いていた。

なるほど、確かに、様々な情報ーヒントーがあちらこちらに、でもってかなりストレートに言葉として出てきていた。はっきりと言うと、かなり3/11に関する台詞が組み込まれていた。(汚染土処理とか、牛、いいかげんな警察官とか、家族とか)

のっけから、かなり舞台に引き込まれる、え?と驚く演出があり、その後の人々の変さ加減も、(それこそ)予想外の展開も、と〜〜〜〜っても悪い人のその善人顔も、すべてが作品をリアルに仕上げることに上手く機能していたように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

90ミニッツ(12/7)

Stage23493_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

人情噺「紺屋高尾」(12/7)マチネ

Stage24517_1


座・高円寺で横内謙介氏率いる扉座の新作「人情噺「紺屋高尾」」を観る。

*****演劇サイト より************
『神崎与五郎』に続く、人情噺シリーズ第二弾。

落語や浪曲でお馴染の『紺屋高尾』。
江戸吉原の花魁の頂点 高尾太夫と、真面目が取り柄の紺屋職人の純愛を描いた人情喜劇。
今回は、設定を現代に置き換え、スピーディで分かりやすくアレンジ、誰もが笑って泣ける大人の恋愛コメディに仕立て直します。
劇団創立30周年を迎え、扉座メンバーに、小劇場初登場の賀来千香子さん、酒井敏也さん、ラッキィ池田さんらを客演に迎えた、華やかな舞台。
一年の締めくくり、慌ただしい年の瀬に、ほっこりと楽しめる一作です。

*******************************

確かに、人情噺というだけあって、庶民の憧れ、高値の花である女優(賀来千香子)がひょんなことから靴職人と関わったことから、自らの人生を顧みて現実を見るといった温かいラブコメではあるのだが、やはり今年の芝居だけあって、3/11震災に関しての考察が多くの箇所で見られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

ルート99(12/6)

Stage25001_1


近年の日本演劇界の”ひょうたんからコマ”事件、その事件に張本人達、言わずと知れた埼玉発高齢者劇団ゴールドシアターの最新作、岩松了第二作目の特別書き下ろし「ルート99」の初日を彩の国芸術劇場で観る。

初日ということもあり、上演時間は不明。6時半という埼玉での公演にしては大層早めの開演時間、それに作者の岩松氏は二度目の書き下ろし(第一回はゴールドシアターの名を世間に広く知らしめた07年初演「船上のピクニック」)ということもあるので、まあ9時ぐらいにはお開きとなるのかな〜〜〜と高をくくっていたのだが、そこは流石のゴールド&蜷川&岩松組、休憩を挟んでの3時間半の大作で終演は10時、。。。それでも心地よい疲れとともに、雨上がりの星空が輝いて見えたのはやっぱり元気なおじいさま&おばあさま(言葉使いには気をつけましょうね(*^.^*))がたの、文字通り渾身の演技によるところが大きいであろう。

(余談:同日マチネで観たSISカンパニー「その妹」が訳2時間半だったので、本日は計6時間の観劇なり)

勝手をわきまえた作者ゆえ、カット、カットで短くというのはゴールドと深く関わっていない外部の人間の考えであったようで、知れば知るほど「あれもやらせてみたい。。これもあの人なら何かが出てくるだろう」と前回にも増して想像力が働いたようで、なんとも盛りだくさん。

沖縄基地問題あり、演劇論あり、人間の性であるラブストーリーあり、世代間差に関する考察あり、でもって役者をいじっての笑いあり。。。。と年末紅白並みのてんこ盛り状態。ーちょと詰めすぎの感もあり。第三作目に何か残しておいても良かったかも。思い切って何かを削ったら、すっきり、シャープに仕上がったようにも思える。ー

初日にしてはプロンプトの声が一回か二回ぐらいしか聞こえず、それぞれに長台詞が用意されているわりには、でもってちょこちょこと危なっかしい掛け合いもみられはしたが、、それを力技で流せる技もすごい、さすが劇団として活動を続けてきただけある!と感激。

とにかくこの劇団の舞台を見ていると、普段気にしていること、例えば言い間違い、台詞のふっとばし、遅れての台詞のタイミング、、なんか全てが「そんなちっちゃなこと、いいじゃないの」となるから不思議。それよりも、彼らが次に何を言ってくれるか、してくれるか、の方が興味津々となるからなんとも、想定外、既成の概念を打ち破る観劇体験となるのだ。

この「新しい」芝居との関わり方ー書かれた戯曲の予定調和的完成形観賞ではなく、そこせ演じている役者とのライブでの関係性、眼前で行われていることとその場で向き合うという観劇ーの提案はある種とてもカッティングエッジで、例えばF/Tで上演されている最先端演劇、ポルトBの実験的演劇などと肩を並べる新しさだと思う。

そんな新しさに関しても、劇中エピソードのローカル劇団の稽古中に演出家役が言及しているので、そのあたりもチェック!
おそらくはゴールドと関わった作者だから出てくる、正直なそして真実の台詞だと思える。

ゴールドの初期にインタビューした時には「とても思うようには出来ません。。。」と小声でつぶやき悩んでいた東北から上京して参加している女優さん田村さんの進化には驚きと尊敬の念をおぼえた。
ーーーー継続、そして努力あればこそーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その妹(12/6)マチネ

Stage23810_1

その地味なチラシから、今月の観劇予定にまだ入れていないあなた、これ必見です。

武者小路実篤の戯曲で、以前はよく上演もされていたらしいのだが、近年あまり観る機会のなかったこの良作を掘り起こしてきた、プロデューサーの先見の明と言うべきか、とっとも「今」な内容に驚くことしきり。

脇と言うのもはばかられる、両脇をがっちり支えた段田安則と秋山菜津子の両役者の上手さにただただ脱帽ものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂言劇場 その七(12/5)Aプログラム

Stage24529_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

boat here, boat (12/5) マチネ

Bhb_f


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイディプス(12/4)マチネ

Btm_index_piece_2


Image154


| | コメント (0) | トラックバック (0)

深呼吸する惑星(12/3)マチネ

Top


Stage22850_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

エクソシストたち(12/2)

Stage24082_1

渡辺源四郎商店(ナベゲン)の東京公演初日を観劇。

******劇団HPより*******

[あらすじ]
現代。北東北、人口30万、県庁所在地の小都市。そ の閑静な住宅地にある2階建ての家。30代の母親と 小学生の娘が生活している。娘に異変が起きたのは 2ヶ月前から。男のような声でわけのわからぬこと を口走り、卑猥な言葉を発し、母を罵倒するように なった。顔はむくみ、ひび割れ、目は真っ赤。頬は 痩せこけ、可愛かった面影はどこにもない。「悪魔 が憑いた」と判断するよりほかなかった。そして、 この日、ある異様な客たちがこの家にやって来た。 様々な能力を持った悪魔祓い(エクソシスト)たち である。悪魔祓いたちと悪魔との戦いがいま始まる のであった。

*******************

優れた劇作家はお国の宝として無形文化財として保護するべきだと思うのだが、そんな考えが浮かぶほどに近年まれに見る素晴らしい劇作。

ぬいぐるみを抱えた少女ちずるが何も言わずに立ちつくしている、それだけで多くのことを語ってくれる、そんな舞台。

きれいごとだけではないー実のところこの部分の方が日常の大半を占めているのだがー人の本質をリアリティーをもって描いてくれている。


畑澤聖悟インタビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

ソウル市民 恋愛二重奏

Pictseoul04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

袴垂れはどこだ(11/29)

080_s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うお傳説(11/28)

Stage24363_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金時代(仮)(11/27)

Stage24464_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

線路は続くよどこまでも(11/26)

Stage23496_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽(11/26)マチネ

Stage24046_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンパウロ市民(11/25)

Pictseoul05


| | コメント (0) | トラックバック (0)

検察官(11/24)マチネ

Stage24060_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウル市民・ソウル市民1919・ソウル市民昭和望郷篇(11/23)

Pictseoul01


Pictseoul02


Pictseoul03


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たった一人の戦争(11/21)

Stage24099_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

がーまるちょばサイレントコメディ2011

Gamar2011_245


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エオンナガタ(11/18)

Mainimg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪傑ハリマオ〜双頭の虎〜(11/18)

Flys_17_harimao


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »