« カルミナ・ブラーナ(9/10) | トップページ | イリアス(9/13)マチネ »

2010年9月11日 (土)

表に出ろぃ!(期待がこもった予告)

Stage15864_1

先週の日曜日に幕を開けたNODAマップ小規模スタイルの舞台。

野田と長年親交のある歌舞伎役者、中村勘三郎と今回オープンオーディションで選ばれたヒロイン(二人のダブルキャスト)との親子三人という少人数芝居ということで、大人数での大掛かりな舞台、前作「キャラクター」とはまたひと味違った何が出てくるのか?と楽しみにしている人も多いはず。

かく言う私もその一人で、近日中にWキャストの両バージョンを目撃する予定。

で、本舞台に先駆け、既に出版されている戯曲(新潮10月号に収録)を我慢出来ずに読んでしまったのですが、これが抱腹絶倒ものにお・も・し・ろ・いcat

劇場からの帰りのすいた上り電車の中でページを開いて読み始めたのだが、そのユーモアのセンスがどうもツボにはまりっぱなしー詳しくは観劇後のレビューで書きますーで静まりかえった電車の中で漏れる笑い声をおさえるのに必死。。。実際、iPodをかけながら読んでいたので、ひひっ(´,_ゝ`)プッと少しは声ももれていたかも、、(怪しい人(^-^;)ちょっとこのおちょくり具合、久々に野田秀樹の「いじわるぶり、悪童ぶり」が味わえて満足。

それ、そんなこと無邪気に言っちゃって良いの?と心配になりながら、よくぞ言ってくれた、と大いにほくそ笑む自分がそこにいた。

ちょっとおふざけのノリでつけたのかと思ったタイトルも作品内で大いに活かされていて、ニンマリ。

野田の斜にかまえた母親と天然ボケの中村、(まだ未知数だが)現代っ子のクールさで演じるニューヒロインによる舞台。
早く観た〜〜〜〜〜〜い。

劇場でおちょくり台詞に異常に反応している人がいたら、、、それが私です。

|

« カルミナ・ブラーナ(9/10) | トップページ | イリアス(9/13)マチネ »

「観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223541/36672787

この記事へのトラックバック一覧です: 表に出ろぃ!(期待がこもった予告):

« カルミナ・ブラーナ(9/10) | トップページ | イリアス(9/13)マチネ »