2016年1月 8日 (金)

珈琲法要(1/6)

Tumblr_inline_nev5uza4cc1sjle2n

青年団リンク、ホエイの「珈琲法要」をアゴラ劇場で観る。

2015年の締めくくりを同じアゴラの「高校生演劇サミット」の1本、都立駒場高校「江崎ヒロがいなくなった」でして、そして年明けはこのホエイの秀作で新年の観劇がスタート、というしあわせな流れとなった。

両作品とも舞台装置はあくまでもシンプル、その語り口には笑いが溢れ、一見したところ不条理劇を装っているのだが、その中心には作者の世の中へ伝えたい思いが滾った骨太の社会派劇で、人の、そして世の中の矛盾を巧みに描き出している。

山田百次 作演出、でもって主演の「珈琲法要」。

江戸後期、ロシアからの襲来をおそれた幕府が地方の藩士を蝦夷(現北海道)の北の果てへ配置、警備を命じた。津軽藩からも場所が近いということもあり、多くの若者が派遣されたのだが、獄寒の北の地、その環境下での生き抜く術も知らない多くの内地人たちは栄養不足で死んでいく者が続出。当事者たちはその理由を知る知識も経験もなく、ただただその現象に恐れおののくばかりだった。

宗谷岬に派遣された津軽藩の男二人(山田百次、河村竜也)とその男達の世話を託されたアイヌの女(菊池佳南)の日々の会話ー強い津軽弁、さらに時にはアイヌ語によってーで日々、追いつめられていく様が語られていくのだが、ディープな津軽弁が飛び交い、笑いとともに軽妙なやりとりが展開されていく。そんな中、アイヌの女、弁慶が奏でるムックリ(口琴)の音楽、そして人が死ぬときに聞こえる叫び声(アフタートークによるとアイヌの習慣で弔いの意味があるという)がその一見なごやかなやりとりの奥に隠されたきびしい現実を暗示する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

ブロードウェイミュージカル ピピン(9/4 マチネ)

Stage54309_1

先日、日本文化の衰退を嘆いたが、、アメリカのご都合主義の啓蒙芝居にも興醒め。

アクロバティックな演出で楽しめる部分もあるのだが、「父殺し」さらには「その一度殺した人が生き返る」くだりには背筋が寒くなった。でもってその落としどころが「一般庶民との愛を得ること」???って、ピピンの後日談をぜひミュージカル化してもらいたい。

ブロードウェイで英語のまま観た人たちには生じない障害ー字幕上演のため、劇中での楽屋オチジョーク、アドリブ風の台詞のジョークがまったく活きないという翻訳ミュージカルだからというマイナス面もあり、期待していただけに残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転校生(9/2)

Stage53332_1

六本木Zeppブルーシアターで平田オリザ作、本広克行演出、オーディションにより選ばれた21名の若手女優による群像劇「転校生」を観る。

久しぶりに、途中で劇場を離れたくなった。これが演劇?ーまあ演劇にはしばりはありませんのでこれも演劇なのですがーと言いたくなる、悲しい現実(集客というビジネスの面の現実)を見せられたという感想。

終演後に立ち会った(別にいなくてもよかったのだが、つい残ってしまった)ももくろが登場する演出家立ち会いのアフタートーク、でさらにズ〜〜〜〜〜ンと撃沈する。"かわいい”や"ギャル”がこの国の文化を表している、それに大人のお金が集まる。。。悲しすぎる。若い子たち(誰でも)の独創性、エネルギーはすばらしいものだと思うし彼らにはそれを表現する力や才能も備わっていると思う、、が、どうもこの出来上がった少女ビジネスにはその新しいイマジネーションが感じられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二年間のご無沙汰です

Stage52743_1

芝居漬けの日々のレビュー更新が途絶え、、早2年。

なんとなくゆるい感じでこの9月から再開していこうと思います。

9月1日(火)ソワレ

新国立劇場ピット劇場(小劇場)でSISカンパニー主催の男二人芝居(田中哲司&小栗旬)「RED」を観る。

登場人物二人の会話劇だけに役者の演技がその出来を左右する舞台、結果は-Congratulation scissors 上々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

ART(8/19)

Stage37579_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の球体X(8/16)

Stage35911_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑って死んでくれ(8/15)

Stage35986_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Work in Progress (8/14)

Stage35830_1

JT ゴールドシアターの記事

蜷川幸雄 ゴールドシアターについて語る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

其礼成心中(8/13)

Stage35766_1

夏休みなので子供たちも観に来ている、渋谷パルコ劇場の三谷幸喜作文楽舞台「其礼成心中」を観る。

英語タイトルがシェイクスピアのから騒ぎ(Much Ado about Nothing)にかけて「Much Ado about Love Suicides」になっているのがなかなか気が利いている。

「から騒ぎ」のように一見たわいもない恋、それと折しもの歌舞伎の心中演目の人気高騰とそれに関連して恋人達が引き起こす心中騒ぎ、さらにはその心中ブームなるものから副産物として生まれる経済効果、とお金に目がくらんだ老夫婦。。。と数珠つなぎに展開するドタバタを三谷幸喜らしくスマートにウェルメイドでまとめたコメディ。

と、ストーリーは見ていれば流れるスムーズさ、で子供たちも楽しめる。

しかし何と言っても今回の公演の第一の目玉は文楽スタイルをまずは渋谷パルコのお客様に体験してもらうということ。

日本人にしてはスタイル抜群の8頭身人形、それにお多福ちゃんというのはやっぱり器量に欠陥のある人を指す形容なのだなとわかるお多福面のお人形、、人形にあわせた小道具ーおまんじゅうーなんかもかわいい、、などと文楽を普段着レベルで楽しめるように工夫されている。

そんな中でも一番の見どころは老夫婦の計画心中の場面。文楽で水中シーンなんかも出来ちゃうんだ〜〜〜、と素直に感心した観劇体験だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂漠の町のレイルボーイズ(8/10)マチネ

Rail_hp

座・高円寺でとくお組の「砂漠の町のレイルボーイズ」を観た。

とくお組というお名前は聞き知っていたのだが、今回が初観劇。10年活動歴にある劇団ということで、劇団構成からか(男所帯)男の群像劇をレパートリーとしているらしい。

***演劇サイトより****

「砂漠の町のレイルボーイズ」は、もう何年も列車が停まらない駅を舞台に、駅員(レイルボーイズ)たちの日常を描いた群像劇です。
乗客がいない駅の信号は常に「青」。何日かおきにくる列車は駅員たちの前をただ通り過ぎるだけ。彼らはいつの日か信号を赤に変え、客の切符を切り、荷物を列車に運び、そして客を見送ることを待ち望んでいます。
外の世界を知らない男たちの生きがいと、そこにあふれる時間の物語。
最近仕事に疲れちゃったなあという若者にも見てほしいシチュエーション・コメディです。

*************

これって「きずな」とか「繋がり」とか近くにあった幸せ=青い鳥的なおはなしなのでしょうか?

ウ〜〜〜〜〜〜ン。。。。刺激がなさすぎる。。ぬるい!

2時間の中で一回ぐらい、なんだか目が覚めるような、何らかのー何でも良いのでー驚きをみせて欲しかったかな。

物販(DVD、戯曲)の前にやっぱりステージを売り!にしようぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ゆる設定キャラ